上の「いいね!」を押してください。

健康

便秘の子共に100%ジュースはアリ?ナシ?

便秘になったとしても、大人であれば食べ物や飲み物を工夫したり、自分でお腹をマッサージするなどいろいろな方法を試せまずね。 もしどうにもならない場合でも、最後の手段として下剤があります。 ですが子供が便秘になったら、自分で解消するのは難しいですし、刺激の強い薬は使いたくありません。 そこで役立ってくれる... もっと読む...

子どもの健康を守る「睡眠習慣」とは?

生まれたては睡眠習慣はありませんが、徐々に昼夜のメリハリを体に覚えさせる必要があります。 最近は夜型の人も多いですが、なるべく明るくなったら起きて暗くなったら早めに寝る習慣が健康的です。   ・生まれたての赤ちゃんには睡眠習慣ができていない   ママのお腹の中にいた頃は... もっと読む...

薬が苦手な子供に上手に薬を飲ませる方法

子供の頃に薬が嫌いだったママさんやパパさんも多いのではないでしょうか。 一度苦手になってしまうと、なかなかすんなり飲んでくれなくて苦労するものです。 ここではどんな工夫をしたら子供が楽しくお薬を飲めるか検証してみました。   ・市販のオブラートを使う   おくすり... もっと読む...

窒息事故多発!ちいさな子供のふとんに注意

統計では平成26年までの5年間で、0歳児の赤ちゃんが寝ている間に窒息死した事故が160件以上ありました。 そこでちいさな子供を守るために、どのようなことに注意すれば良いのか考えてみましょう。   ・添い寝をしない   特に0歳児は授乳間隔が短くて、しばらくは1〜3時間に... もっと読む...

フランスママたちの夜泣き対策とは?

一昔前になりますが、フランスの子供は夜泣きをしないという本が話題になりましたね。 夜泣きは成長過程における生理現象、というのが一般的な見方で、大なり小なり赤ちゃんは夜泣きをするものと思われています。 しかし、フランスの赤ちゃんはほとんど夜泣きをしないと言われています。 小さな大人として赤ちゃんを育てるフランスでは... もっと読む...

気をつけて!耳そうじで、鼓膜を傷つけてしまうママが増えています!

大人でも、ちょっと油断すると耳の内部を傷つけてしまうのが耳そうじです。 もちろん子供の耳そうじで油断することはないと思いますが、慣れないうちは慎重にやっているつもりでも鼓膜を傷つけてしまうことがあります。 子供の体のパーツはすべて小さいですから、自己流ではなく正しいやり方を実践しなくてはいけません。 子供は外耳道... もっと読む...

最愛の赤ちゃんが突然死!そうならない為の鉄則とは

ニュースなどで乳幼児突然死症候群(SIDS)のことを耳にすることがあります。 原因や前兆、予防法などはあるのかまとめました。 ・乳幼児突然死症候群(SIDS)とはどんなことが起こるの? 特に病気なども無く元気に過ごしていた赤ちゃんが、ある日突然寝ている間に亡くなってしまいます。 主に生後2~6カ月の赤ち... もっと読む...

子どもの怪我は、どこまで許容?

子供が転んだりしたら、思わず手を差し伸べたくなりますが、1人で起き上がれるようにするのも親の務めでもあります。 保育園や幼稚園に通うようになれば、怪我してくることはしょっちゅうです。 またか、と親も慣れてくるのですがどこまでが許容範囲か迷うこともたくさんあります。 すぐに病院に行った方が良いのか、怪我させられた場... もっと読む...

子供が高熱の時どうしたらいい?

子供が突然熱を出したというのは、子育てをしていたら誰もが経験するアクシデントです。 特に高熱でぐったりするわが子を見ているのは、親としてとてもつらく変わってあげたいと思うほどです。 そんなときは一体どうしたらいいのでしょうか。 ・熱を測って他に症状がないかどうかをチェックする いつもと様子が違って何とな... もっと読む...

子どもの歯磨き嫌いを治す方法

生えたての子どもの乳歯はとても柔らかく虫歯になりやすいですね。 虫歯にさせないために歯磨きはとても大切なことですが、歯磨き嫌いはどうやって治したら良いでしょうか。 ・みんなはいつから歯磨きを始めている? 統計では1本の歯が生え始めた頃に歯磨きを始める家庭が46%、2本が24%と大半を占めています。 3位... もっと読む...