上の「いいね!」を押してください。

教育

先輩ママに聞いた。子どもの教育・しつけ本 ベスト3

子育てをしていると当たり前に分かるようなことでも見失ってしまうこともあります。 そういうときに自分の考えを肯定してくれるような本に巡り合えると、育児に自信が持てるようになります。 また自分にはなかった発想を教えてもらうこともできて、もやもやしていた心が軽くなることもあるのでお勧めです。   ... もっと読む...

子どもへの教育投資って、何歳から?

赤ちゃんを授かったり、子どもが欲しいと思った時に他のご家庭では子どもへのどんな教育投資をしているのか気になりますよね。 そこで一般的には何歳頃に教育投資をしているのか、どんな教育投資が良いのかについて触れたいと思います。   ・日本における子どもへの教育投資の傾向は?   ... もっと読む...

親の無関心が招く「愛着障害」とは?

愛着障害とは、親や養育者の愛情が乳幼児期に得られずに心理的な結びつきが得られなかった場合に起こります。 専門用語ではアタッチメントとも呼ばれ、大人になってからもコミュニケーションがうまく取れないなどの原因にもなりかねません。   ・愛着障害とはどのようなもの?   愛着... もっと読む...

叱らない子育てって、将来の成功に結びつくの?

最近は子育てだけではなく会社においても、社会全般的に褒めて伸ばすという風潮があります。 叱らない子育てをした場合には、将来の成功に結び付くものなのでしょうか。   ・尾木ママも推奨する叱らない子育て   あの有名な尾木ママも叱らない子育てという著書で、叱る代わりに褒める... もっと読む...

3人生を変えてしまう幼児期の教育。どうすればいい?

最近は少子化で、一人一人の子供を大切に育てるという風潮があります。 よく小さいうちに能力を伸ばしてあげることが大切と聞きますが、どのように教育をしていけば良いのでしょうか。   ・臨界期に焦らされるママ   臨界期とは発達初期の子供がその時期を過ぎると、学習が成立しなく... もっと読む...

自宅でかんたんに出来るシュタイナー教育とは

シュタイナー教育は、自宅でもかんたんにできるのでしょうか。 実はそれとは知らずに、シュタイナー教育を取り入れているご家庭も実は多いです。 ・シュタイナー教育とは? シュタイナー教育はオーストリア(現在のクロアチア)生まれの哲学者であるルドルフ・シュタイナー博士(1861~1925年)が提唱した教育法です。... もっと読む...

子どもをつぶしてしまう教育方法とは

子育てをしていく中で、教育問題はずっとついてくる課題になります。 親の育て方次第で才能や可能性を育てることにもつぶしてしまうことにもなってしまう、大変繊細で難しい問題です。 ここでは可能性をつぶしてしまう、やってはいけない教育法についてまとめてみました。 ・狭まった視野の中だけで能力を決めつけてしまう ... もっと読む...

辞めるべき?子どもが習い事を嫌がるときの対処法

乳幼児期の早い段階で習いごとを始めておくのはとても良いことですね。 知育や運動能力の発達、語学力の向上など様々な効果が期待できます。 もし子どもが習いごとを嫌がったらどうすればよいのでしょうか。 ・みんなは何歳で習いごとを始めているの? 統計では1歳半で17%の子どもが習いごとを始めており、2歳児では2... もっと読む...

図鑑や本を置くことで賢い子どもが育つ環境づくり

子供が健やかに育つためには、本や図鑑が欠かせません。 知育や情操教育にもなりますし、何かに特別な興味を持てば将来的に役立つ可能性もあります。 どんな風に本や図鑑に興味を持つ環境を作っていけばよいのでしょうか。 ・子供に興味を持たせるために本や図鑑を置こう まだ何に興味を持っているのか分からない子供には、... もっと読む...

ゲームはダメ?意外に多いゲーム遊びのメリット

スマホのゲームアプリやテレビゲームは、悪いものですのでやらせないようにしましょうと言われることがあります。 例えば幼稚園や保育園、小学校などではゲームの悪影響について説かれ、やっても30分以内などと制限されます。 本当にゲームをすることはデメリットばかりで、メリットは一切、無いものなのでしょうか? ・ゲームを... もっと読む...