上の「いいね!」を押してください。

恋人同士とは違い、結婚をするとそれぞれのおさいふが一つになります。

ここで難しいのが、家庭のおさいふはどちらがにぎるかということですね。

一般的には家計の管理はママがするので、家庭のおさいふをにぎるのもママになります。

ですが、夫婦共働きの家庭も増えていますし、女性の方が家計管理が上手とも限らないので、パターンを参考に自分の家でのルールを作っていきましょう。

 

・必要な分だけ渡されるパターン

 

パパのお給料日に、1ヶ月分の家計分だけを渡されるのがこのパターンです。

このパターンの場合は、最初に1ヶ月に必要となる生活費を二人で確認しておく必要があります。

どちらかが勝手に決めてしまうと、ママからすれば足りない、パパからすると多すぎるとなって揉めるかもしれないので注意しましょう。

光熱費や食費、通信費はもちろん、交際費や衣服代、保険代、レジャー費などもおおまかに算出しておくといいですね。

必要経費以外は使い切る必要はありませんし、少しでも貯金をしておけば旅行やバーゲンのときなど何らかの大きな支出のときに役立ちます。

また、もらえる金額が決まっていれば、その中でやりくりをすればいいのですから細かい家計管理をしなくてもいいので気が楽です。

ただしこういったパターンだと、パパのお小遣いを把握できないのがデメリットです。

ですので、パパのお金管理がずさんでトータル的な家庭のおさいふを任せられないという場合は、お小遣い制にした方がいいかもしれませんね。

 

・ママが専業主婦の場合

 

ママが働いていない家庭では、パパのお給料を全額渡すのが一般的ですね。

お給料の中からパパにお小遣いを渡し、後はすべて管理するスタンダードなお小遣いパターンです。

このパターンのメリットは、家計を一括で管理できるということです。

収支をすべて把握できますから、ママが家計管理が得意であればお小遣いパターンがベストでしょう。

ですが、貯金分が残せないという場合はちょっと問題です。

貯蓄ができないとなると何かあったときに大変なので、ママが家庭のおさいふを握らない方が良いかもしれません。

最初はちょっと苦しいかもしれませんが、パパに家計管理をしてもらって、決まった金額の生活費でやりくりをするのがベストでしょう。

 

・どちらも家計管理が苦手の場合

 

パパもママも働いていて、どうしても無駄遣いや外食が多くなるという場合は、銀行に家庭のおさいふを任せてしまうという手があります。

毎月、決まった金額をお給料から銀行に振込、そこから必要経費すべてをまかなうようにします。

家賃や光熱費などを銀行引き落としにすれば管理しやすいですし、家族で使うお金も銀行のお金で支払いましょう。

共同財布にすれば、手元に残ったお金をお小遣いにできるので、無駄な出費を抑えられるかもしれません。

ただ、このパターンの場合、必要経費の境界線が難しいのがデメリットです。

観葉植物やインテリア、ダイエット用品など趣味のようなものは共通の認識がないと、どこから支出すればよいかで揉めてしまいます。

ですので、事前に家計として利用できる項目は話し合っておくといいですね。

 

・結局どっちがにぎるのが良いの?

 

年収は人によって違いますし、お金の価値観や使い方も人それぞれ異なります。

また、お金にだらしないのか几帳面なのかも性格で変わってきます。

ですので、一概にママがにぎれば良いともパパが安心とも言えません。

ただここで覚えておきたいのは、ママが絶対に管理しなくてはいけない、というものではないことです。

昔から、結婚をしたら女性が家庭のおさいふをにぎるというのが当たり前になっているので、にぎりたくもないのに家計管理を頑張っているママもいるでしょう。

ママは一所懸命節約をしているのに、パパはまったくの無頓着で意識の差に悩むママも多いようです。

家計管理というのは、にぎる方の努力も必要ですが、家族の協力も必要不可欠ですね。

ですので、どちらがにぎるかということはもとより、二人が収入と支出をしっかり把握して、管理している方だけに負担をかけないようにすることが大事なのかもしれません。

 

お金のことはデリケートな問題だからこそ、曖昧にするのはよくありません。

流れでおさいふをにぎっているという場合は、一度使い道や収支に関して共通認識を持つようにしたいですね。

その上で、あらためてどちらがにぎった方が良いのかを話し合って決めておくと、将来的に揉めたり家計が圧迫されることもなくなるでしょう。

 

【 イイネと思ったら、今すぐ「シェア」】