上の「いいね!」を押してください。

代謝が活発な赤ちゃんは、皮膚を清潔に保ってあげないと肌トラブルが起こりやすいです。

また、お尻やお股は汚れやすいので、毎日沐浴で綺麗にしてあげましょう。

大人がお風呂でリラックスできるように、赤ちゃんも沐浴は気持ち良いものです。

ですがママに不安があったり苦手意識があったりするとリラックスできないので、手際よく沐浴できるように手順をしっかり覚えておきましょう。

 

・沐浴をするタイミング

 

沐浴をする時間に決まりはないものの、赤ちゃんには生活リズムを整えてあげる必要があります。

そのためにも、ママが一番入れやすい時間帯を決めておきましょう。

入浴は1日の汚れを落とすために夜入るのが一般的ですが、赤ちゃんの場合はいつでも構いません。

昼間の方が安心という方は昼間でいいですし、パパがいる方が楽という方は夜でもいいでしょう。

毎日同じ時間に入れてあげれば、赤ちゃんも感覚で沐浴をする日課を理解します。

いつ沐浴するのか分からないよりも、タイミングが分かっていればよりリラックスできるでしょう。

 

・沐浴の準備をする

 

まずは絨毯や畳の上にバスタオルを広げて、赤ちゃんの着替えとおむつを用意します。

沐浴後にすぐに着替えられるように、着替えはフックをすべて外し、おむつもカバーを取って広げておいてください。

着替えの準備が整ったら、ベビーバスにお湯を張り、その間に沐浴用の石鹸やガーゼ、お湯を張った洗面器、タオルとバスタオルを用意しましょう。

ベビーバスにお湯が貯まったら、湯温を確認します。

お湯の温度は季節にもよりますが、40度ぐらいがベストです。

部屋の温度は寒すぎず暑すぎずが良いのですが、これは天候に合わせて快適な温度を設定しておきましょう。

 

・赤ちゃんを沐浴させる

 

すべての準備が整ったら、赤ちゃんの洋服を脱がせてあげます。

沐浴をする月齢期の赤ちゃんは裸になるのが好きではないので、部屋の温度に関わらず、タオルや沐浴布を体にかけてあげましょう。

抱っこをして全身をしっかり支えたら、足からベビーバスに入れていきます。

お尻がベビーバスについたら、首を支えて顔から首、そして全身を洗ってください。

この時に大事なのが、ママがいろいろ話しかけたり、歌を歌うなど声を聞かせてあげることです。

洗うことに集中してしまうと、赤ちゃんは不安な気持ちになってしまいます。

ママの声が聞こえるとそれだけで安心しますし、お湯の肌触りや体を洗う気持ち良さでリラックスできるのですね。

凄く効果的でしたので試してみてください。

 

・沐浴中にやっておきたいこと

 

沐浴中は、赤ちゃんが丸裸なので肌トラブルをチェックしやすいです。

特にお股の部分は、おむつ替えの時にササッとチェックするだけなので、トラブルを見落としがちです。

ですので、洗うついでに細かい部分をよく見て、湿疹やかぶれができていないか確認しておきましょう。

もしトラブルが見つかったら、無理に洗ったりせず、沐浴後に皮膚科などで診てもらうといいですね。

 

・着替えをさせる

 

赤ちゃんは代謝が高いので、ちょっとの沐浴でも血行が促進されます。

そのため、長く沐浴させるとのぼせてしまうので、10分以内に終わらせるようにしましょう。

体を綺麗に洗ったら、最後は洗面器のお湯で綺麗に流し、バスタオルでくるんであげます。

全身の水気を、バスタオルでポンポンと優しく吸い取らせたら、おむつを履かせます。

次に、肌が乾燥しているようならベビーオイルや乳液で、蒸れている部分はベビーパウダーでケアしてください。

スキンケアが終わったら、ベビー服を着させてあげましょう。

 

・沐浴後のケア

 

沐浴後は汗が出て湿った状態になっていますから、耳掃除や鼻掃除のチャンスです。

普段は取りにくい汚れもしっかり取れるので、綿棒やガーゼで耳や鼻のお掃除をしましょう。

特に耳の裏は垢が溜まりやすいですから、ガーゼで優しく拭き取ってください。

全身が綺麗になって不快な部分がなくなれば、赤ちゃんにとって沐浴は不安なものではなくリラックスできる時間ということが分かってきます。

 

沐浴は、準備と手順を覚えておけば難しいものではありません。

万が一お湯の中に赤ちゃんを落としてしまったら、という不安もあるでしょう。

ですが一瞬お湯の中に頭まで浸かってしまっても、それで赤ちゃんの具合が悪くなることはないので大丈夫です。

ママがゆったりした気持ちで沐浴させてあげるのが一番のリラックスですから、準備だけしっかり整えて、後は赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しんでください。

 

【 イイネと思ったら、今すぐ「シェア」】